アロマディフューザーについて

アロマディフューザーは、内部が密封された状態になることで、ミストが吹き出しますので、蓋が閉まっていないなど空気が漏れるとミストが出ません。

また、空気の吸込口である、底の部分のファンを塞がないようにしてください。

また、アロマディフューザーは、使い終わったらちゃんと洗って、常に清潔にして使うようにしてください。時々は、アルコールや酢水などで拭くようにしてください。
尚、不良品と考えられる場合は、次の2つが考えられます 

  • 電源が入らない (コンセントを差し込んで音がしない)
  • 下のファンが回転しない

上記のような場合は、速やかに新しい物を再送しますので、使用状況を詳しく書いて、お問い合わせページより注文番号を添えてご連絡ください。

風邪は万病のもとです。 夜寝る時は、静かなアロマディフューザーを動かして、私は首にタオルを巻いて寝ております。 お元気でこの冬をお過ごしください。

Ewin



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)