ATOKでも英数レイアウトのキーボード使えます

このレビューが来てから、売上が止まったと、アマゾンの担当者が泣きついてきました。羊頭狗肉(ようとうくにく)とは、 挂羊头卖狗肉( 羊の肉を掲げて犬の肉を売る ) から来た言葉で、見かけと実質がともなわないことのたとえ。 立派なものをおとりに使い、実際は粗悪なものを売ることのたとえ。

中国宋時代の禅書『無門関(むもんかん)』からの言葉だそうですが、弊社中国の会社ですから、ちょっと刺さります(泣)。中国でも現在も使われている言い方です。

Super ATOK Ultras というのは、どうも富士通のAndroidに標準で搭載されている日本語入力システムのようですが、実機がないので、実際を見てないのですが、ほぼ、Superと名のつくものとAndroidで買えば使えるATOKと仕様としては同じかなと思います。

世の中には、英数レイアウトのキーボードも最近多いですし、多言語に対応しているAndroidは、必ず、設定→システム→文字と入力のところで、物理キーボードにてレイアウトの変更ができるはずです。

たぶん、日本語フルキーボードfor Tablet を使えば、絶対大丈夫かなと。

まぁ。世の中絶対はないですけどね…。アローズの方の情報を希望します。

とりあえず、動画を是非ご覧ください!(謎のカチカチ音が入っているのですがすみません)





Ewin



2 comments

  1. Arrows M04 で使ってましたが、使いにくかったですね。英数モードがすぐにひらがなモードに勝手に戻ってしまって。

    1. IMEを変えてみたらいいと思うのですが…おそらく、そういう切り替えのボタンがあるIMEだったんじゃないですかね。私の場合は、まったく問題なく、快適につかえています。英数レイアウトしか使ったことない感じになっております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)